脱毛のやり方

脱毛エステは痛みの程度はどうかといえば、あまり痛くないと思われる人が多いようです。たとえとしてよく見聞きするのは、痛みの程度として輪ゴムで肌をパチンとはじいた感じに似ているといわれます。

ただし、脱毛部位によっても痛いという感覚に差がありますし、個々人によって痛みに強いかどうかにも差があります。
契約書を提出する前にトライアルメニューなどをお願いしてみて、このくらいならいけそうかどうか見定めてください。

以前の脱毛は、「ニードル法」という針を用いて毛穴を刺激するものなど、痛みを伴う方法が多くありました。

ですが、近頃の脱毛サロンで使われているのは、「フラッシュ脱毛」といわれる方法です。

人によって個人差がありますが、フラッシュ脱毛であれば少しちくっとする程度で、あまり痛みを感じずに終わります。

ただ、Vラインのような毛が濃い部分は少々痛みが強くなります。近頃の脱毛サロンの多くは、新たな契約を増やそうと体験キャンペーンを格安料金でやっています。

このような体験キャンペーンを組み合わせて利用し、脱毛を格安で完了させてしまうことを「脱毛サロンの掛け持ち」と表現します。脱毛サロンを掛け持つとリーズナブルですが、カウンセリングも複数回になってしまうのは、面倒くさいと思う人もいるでしょう。脱毛用のサロンに足を運ばずに、脚に生えている無駄毛を自分で剃り忘れなく処理するのは難しいものです。

脚はいたることろが曲線ですし、しづらい部分もありますので、自分でやる処理だけでムダな毛が少しもないつるつるの状態にするのは大変だと思います。でも、脱毛サロンに足を運べば、剃り残した無駄毛がまばらに残ったままなんてことにもならないでしょうし、皮膚が弱るなんて事態も少ないでしょう。脱毛エステで一般的に使用されている脱毛用の機器は、市販されていて簡単に手に入れることができる家庭用の脱毛器に比べるとかなり強い光をあてることできるのです。また、光をあてる範囲が広いため、処理時間が短縮できます。とはいえ、医療系の脱毛クリニックで使用される機器と比較してみるとパワーが弱いために、永久脱毛については無理です。
ですが、大部分の人にとって痛みはかなり弱く感じられ、肌へのダメージが軽減されるという利点も見逃せません。

ミュゼ 立川